爆裂の危険を防止する繊維強化塗料「SG-2000」

コンクリートは経年に伴って乾燥収縮を起こします。この収縮がひび割れを生じさせ、内部へ雨水が浸入。次第に鉄筋を蝕んでいき、錆を発生させます。そして、錆びて腐蝕した鉄筋が体積を膨張させることで、コンクリートがさらなるひび割れを起こす現象を「爆裂」と言います。

爆裂は、外壁のコンクリート落下を引き起こす可能性があるため非常に危険です。東京近郊および静岡県でマンションの大規模修繕工事を承っている株式会社エスジーでは、この爆裂・コンクリート落下の危険を防止する画期的な繊維強化塗料「SG-2000」を開発しました。

塗るだけで爆裂・コンクリート落下を防ぐ

エスジーの「SG-2000」は、塗るだけで爆裂・コンクリート落下のリスクを大幅に下げることができる繊維強化塗料。近年問題化した、爆裂による高架橋やマンション・ビルなどのコンクリート塊落下にも対応します。

「SG-2000」の特徴1.強い密着力

「SG-2000」の密着力は1cm2あたり約11kg。名刺サイズ(約9×5.5cm)に塗布した場合、密着強度(≒剥がすために必要な力)は約550kgとなります。

右図は、爆裂して生じた直径40cm、厚さ3cmの円形状のコンクリート塊8.6kgが落下しようとしているイラストです。このコンクリート塊から半径10cmの周囲に「SG-2000」が塗布してあるとすると、密着強度は約17,270kgにもなります。つまり、17tもの力でわずか8.6kgのコンクリート塊を支えていることになるのです。この圧倒的な密着力が、コンクリート塊の落下を防ぎます。

「SG-2000」の特徴2.高い引っ張り強度

「SG-2000」のもうひとつの特徴は、ガラス繊維を混合することで得られた高い引っ張り強度。これにより、塗膜にちぎれや破断が極めて生じにくくなっています。「SG-2000」の引っ張り強度は、塗膜厚1mmの場合、1cm幅あたり約10kg。上図のコンクリート塊の場合、破断線長(コンクリート塊の外周)は、40cm×3.14=125.6cmとなります。つまり、この場合に働く引っ張り強度は1,256kgにもなるのです。

このように、「SG-2000」は決して剥がれず、ちぎれない強力な塗料。塗るだけで、外壁の爆裂・コンクリート落下のリスクを大幅に下げることができるのです。

Pick Up!【イギリスの公共放送「BBC」でも取り上げられました!】

左の写真は、イギリスの公共テレビ局「BBC」が当社の「SG-2000」を取材したときの様子。BBCの人気番組「明日の世界」で脅威の塗料として紹介されました。
塗料の膜だけで見事、自動車を吊り上げてみせ、驚きの引っ張り強度を証明しました。

※BBCの実験ではガラス繊維の混合比を通常よりも増やして行いましたが、通常の比率でも十分な効果があります。

Pagetop

東京近郊でのマンション大規模修繕なら特許取得の技術エスジーへお見積もりのご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ。