エスジーが開発したタイル補修・改修工法

マンションの大規模修繕工事において、構造部を保護している外壁タイルの補修・改修工事は特に大切な項目。株式会社エスジーでは、外壁タイルをより美しく、かつ剥離・落下のリスクを低減させる独自の工法を開発し、施工に取り入れています。

超低圧注入工法

外壁タイルに「浮き」が生じた場合に、そのタイルを剥がすことなくそのまま圧着させる工法です。一般的な在来工法では、浮きの出ている空隙に高粘度のエポキシ樹脂を高圧で注入しますが、樹脂の粘度が高いため注入口付近にしか行き渡らなかったり、注入時の高い圧力によりさらなる浮きを招いたりしてしまうという難点がありました。

エスジーでは、粘度の低い樹脂注入材を独自開発することでこの問題を解決。超低圧の注入でも樹脂を素早くかつまんべんなく行き渡らせることを可能にし、より確実で強力なタイル圧着を実現しました。手間もコストも最小限に抑える理想的な工法です。

超低圧注入工法

圧着注入工法

タイルが大きく浮いてしまった場合、在来工法(アンカーピンニング工法)では対応できず、タイルを剥がして張り替える以外に方法がありませんでした。しかしエスジーでは、専用の圧着金具を用いてタイルの浮きを押さえつけることでこの問題を解決。締め付けを調整して空隙をコントロールし、樹脂を全体へと行き渡らせるようにます。この工法により、大きく浮いたタイルでも強く密着させることが可能になりました。

含浸密着工法

モルタルとタイルの間に生じたわずかな隙間によってできた浮きを解消するために用いるのが含浸密着工法です。浮いた箇所に「真空着脱式ノンソル注入機」をセットし、空隙に低粘度の樹脂注入材を注入します。樹脂は高い流動性を持つため、0.1mm単位の極めて小さな隙間にも浸透し、浮き箇所を強力に密着させます。

タイル目地強化工法

一般的に、タイルを剥離・落下させないためにはタイルを下地にいかに密着させるかに重きが置かれます。しかし、エスジーは目地に着目。タイルと下地を“目地でつなぎ止める”という新発想から生まれたのが「タイル目地強化工法」です。

在来工法の場合、目地の亀裂などから雨水が浸入してしまうことでタイルの接着面の劣化につながっていました。剥離してしまったタイルを張り替えても、根本的な原因である目地が脆弱なままでは、また同じことを繰り返しかねなません。

エスジーの「タイル目地強化工法」では、タイル目地強化のために開発された専用塗料「SG-2100」を使います。強靭な密着力によってタイルの剥離を防止するとともに、目地に防水機能をもたらし、下地のコンクリートをしっかり保護します。

Pagetop

東京近郊でのマンション大規模修繕なら特許取得の技術エスジーへお見積もりのご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ。