大規模修繕にかかる費用について

マンションの大規模修繕を検討する際にどうしても気になるのが費用のことでしょう。できるだけ安く高品質の施工を、というのが本音ではないでしょうか。こちらのページでは、大規模修繕にかかる費用について解説します。

大規模修繕費の目安

「大規模修繕って普通はどれくらいかかるんだろう?」――どれくらいだと高くてどれくらいだと安いのか、基準が分からないときは、まず「普通」を知りたくなってしまうもの。しかし、大規模修繕に「普通」はありません。マンションによって劣化状況が違い、対処法(施工方法)も異なります。もちろん、かかる費用もまちまちです。

それでも、「おおまかでいいので教えてください」という方には、「当社では平均すると1戸あたり50~100万円程度です」とお答えしています。その数字×戸数が目安の修繕費というわけです。

「かなり幅があるな」とお思いかもしれません。しかし重ねて申し上げますが、あくまでこれは目安に過ぎません。建物の状態によってはさらに安くなることもあれば、さらに高くなってしまうこともあります。詳細な費用につきましては、無料の現場調査・お見積もりでお伝えすることができますので、お気軽にご相談ください。

費用の安さだけで選ぶリスク

できるだけ安く済ませたいという思いもあるかもしれませんが、それだけで選ぶのはやはり考えもの。なぜなら、安さには必ずそれなりの理由があるからです。

リスク1.必要以上に人件費を抑えている

単純に人を減らせば人件費は安く済みますが、それでは工期が大幅に伸びてしまいます。そのため、安く使える人材=経験の浅い若手職人ばかりを集めて施工に当たらせ、人件費を抑えようとするケースです。経験や技術が充分でない職人が施工した場合、見た目は立派に仕上がっているように見えても、肝心の品質が伴わないことがあります。

リスク2.瑕疵工事(手抜き施工)の可能性

激安業者の場合、不正な手段でコストダウンを図っている可能性があります。工期を少しでも早めて人件費を抑えようとするあまり、肝心の施工に力を入れないことも。また、少しでもコストを削減しようと、本当は必要な工程を省くなど、その建物の状態には最適でない工事を行ったり、安い材料を用いたりしている可能性もあります。

リスク3.居住者への配慮の欠如

大規模修繕は、居住者への配慮は重要。少しでも居住者のストレスを軽減するために、養生を徹底して汚れや臭いに気を遣うことはもちろん、足場の構造を工夫してできるだけベランダを使えるようにするなどは当然の配慮です。激安業者の場合、この「配慮」を無視してコストを抑えている可能性があります。

これらのリスクを回避するためにはしっかりとした説明を受けることが何より大切です。現場調査や見積書を提案された時などに、ほかよりも安くできる理由やその手段について、くわしく聞くようにしましょう。

Pagetop

東京近郊でのマンション大規模修繕なら特許取得の技術エスジーへお見積もりのご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ。