鉄筋コンクリート造の建物に起こる「爆裂」のリスク

長期間に渡って計画的な大規模修繕が行われず、劣化を放置し続けることでさまざまなリスクが生じます。そのひとつに鉄筋コンクリートの「爆裂」があります。

「爆裂」とは

竣工直後のコンクリートは、セメントの水和反応によってPH12~13という強アルカリ性を示します。この強アルカリ性によって、コンクリート内の鉄筋表面には「不動態皮膜」と呼ばれるバリアが作られ、酸化(錆び)を防いでくれます。

しかし、コンクリートは竣工から半年ほどの間で急激に収縮し亀裂が入りやすい状態になります。するとコンクリート表面から空気中の二酸化炭素や雨粒に含まれる酸が浸透し、強アルカリ性だったコンクリートは徐々に中性化。やがて鉄筋を保護していた「不動態皮膜」が破壊されてしまいます。

そして、保護するものがなくなった鉄筋には錆びが発生し、最大2.5倍にまで体積が膨張。周囲のコンクリートが膨張力に耐え切れなくなり、押し出されることで新たな亀裂が発生し、外壁のコンクリートが剥がれ落ちてしまうのです。この現象を「爆裂」と言います。

コンクリート落下を起こす「爆裂」

爆裂がもたらすリスクは、ただ外壁を破損させるだけにとどまりません。例えばマンションの高層の壁が爆裂を起こした場合、剥がれたコンクリート塊がそのまま落下する可能性も。実際に爆裂による外壁崩落事故やコンクリート塊落下事故も発生しており、非常に危険なことが分かります。

爆裂のリスクを軽減する新塗料

爆裂の補修は一般的に、露出した鉄筋まわりのコンクリートを取り除き、鉄筋に錆止めを施したのち、欠損部分をモルタルを使って復元するという方法を取ります。しかし、モルタルとコンクリートは密着が悪いため、在来工法では、再度剥離してしまうリスクが付きまといます。

エスジーでは、この問題を解決し、同時に爆裂のリスクを軽減する画期的な繊維強化塗料「SG-2000」を開発。塗装に用いることで驚異的な密着力と引っ張り強度を発揮し、コンクリートの剥離・落下を防止します。外壁のひび割れが気になっているという方はぜひご検討ください。

Pagetop

東京近郊でのマンション大規模修繕なら特許取得の技術エスジーへお見積もりのご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ。